街を歩こう。山を歩こう。嵯峨野を歩こう。旅を歩こう。維新を歩こう。映画を歩こう。

月に一・二度はフェアウェイも歩こう。お気楽な日々を、お気楽に記録していこう。

お気楽さんぽ

お気楽さんぽ

2012年2月27日月曜日

バニヤンツリーの樹の下で


バニヤンツリーというのは見た目には気持ち悪い木で、パイレーツ・オブ・カリビアンのディビィ・ジョーンズ船長のヒゲのようなカタチをしています。しかもデッカイ。赤い花をつけ、見るからに南の島の木という風格を出しております。もともとはインド原産の木らしいです。日本では、日立のコマーシャルの「この木なんの木」のモンキーポッドが有名ですが、向こうではバニヤンツリーがチャンピオンのようです。ハワイ州のランドマークツリーになっているそうですから。

ハワイのワイキキに、モアナ・サーフライダーホテルがあります。いわゆるワイキキのリゾートホテル第1号の歴史を誇るホテルです。この中庭に大きな樹齢100年といわれるバニヤンツリーがあり、そしてその下にオープンエアのBarがあります。浅井愼平がワイキキの写真でよく撮影していた場所です。
このBarのある中庭からアメリカ本土に向けて放送された「ハワイ・コール」というラジオ番組が、ハワイのリゾートイメージをつくっていったそうです。お歳を召した方のなかは「ハワイ・コール」という名前に心当たりあるかもしれません。

そしてこのホテルに限らず、クヒオビーチにも、動物園前にも、インターナショナルマーケットにも、イオラニ宮殿にも、ランドマークのようにこのバニヤンツリーがあります。フラのイベントも、コンサートも、記念写真も、この木が写っていると、あぁハワイだという感じになります。


(おまけ) そうした「ハワイ・コール」の頃の音楽を、あの頃のように一発どりで録音したCDをライアテアが出しました。いわばコニー・フランシスの世代のハワイアンを、カノジョの娘さんが歌っているようなCDです。アマゾンに注文しても二週間ほど待たされたのは、NHKの番組で紹介されたせいでしょう。最近のお休みの日の朝は、このCDを流しています。昔と違うのは、多くの曲が、英語ではなくハワイイの言葉で歌われていることでしょう。

2012年2月19日日曜日

ときどき晴れ、ときどき吹雪


大雪のニュースがあちこちから伝えられた週末。みなさんの所はどうだったでしょう。京都は昨日(土曜日)の朝方はこんな感じでした。積雪量はさほど多くなく5cmくらいでしょうか。でも積もった雪は、気温が低いので溶けません。日曜日になっても日陰の雪はばりばりになって残っています。

この冬の京都は、雪こそ少ないものの、気温の低い日が多いようです。窓ガラスの結露なども、毎年どころではなく、尋常じゃありません。
昨年から、ハイビスカスやブーゲンビリア、ティーリーフといった南国の植木たちは、部屋の中にいれて越冬させているのですが(部屋の一部はジャングル状態ですが)、あまりの寒さに枯れかけてきたものもあります。はやく暖かくなれと、祈るばかりです。

新聞によると、北野神社の梅も咲き始めたとか。目の前の高校の雪の残ったグランドでは、生徒たちが朝早くから部活を始めています。すぐ来る、春の準備が始まっているのですね。ワタシも今日は、ゴルフの打放しにでも行ってきます。1月半ほど、クラブに触ってなかったので。来週から、暖かくなるといいですね。

2012年2月10日金曜日

お楽しみは「MAD探偵」


今週末は、録画して溜まっていた映画を見ることに。面白かったのは、香港映画の「MAD探偵 - 7人の容疑者」。監督はジョニー・トー × ワイ・カーファイ。ジョニー・トーは「エレクション」の監督でした。主人公は裏の人格が目に見えるという元刑事。人格が見えるから多重人格の犯人なら、何人もの人間が見えてしまうというアタマがパンクしそうな刑事モノです。ストーリーの奇想と、香港映画の荒さと、演出のウマさで独特の空気感を醸し出しているサスペンスです。TSUTAYAで借りて見る価値アリ。このコンビの作品では「マッスルモンク」という映画も評判よさそうです。



同じように、いないはずの人が見えてしまうという映画では行定監督の「今度は、愛妻家」もなかなか。何も期待せずに見たのですが、他愛ないストーリーに不覚にも泣かされてしまいました。薬師丸ひろ子のおばさん奥さんぶりが可愛いのです。ほとんど、写真家のスタジオ兼家が設定の舞台劇のような映画。ダメ写真家の豊川悦司もいい味を出していました。
期待を持って見たのは、昨年のキネ旬でもイイトコ行っていた「酔が覚めたら、うちに帰ろう」でしたが、こちらはもう一つ。おなじ夫婦ものなら「毎日かあさん」のほうがよかったかな?

洋画ではジョージ・クルーニーの「ラスト・ターゲット」が地味で、なかなか渋い映画。キャメロン・ディアスとトム・クルーズの「ナイト&デイ」もそれなりの映画ではありました。が、TSUTAYAで借りてまで見なくてもいいでしょう。
久しぶりに溜まっていた映画を、立て続けに見た一週間でした。明日は封切り初日の「ドラゴン・タトゥの女」を見に映画館に行こうと思います。