街を歩こう。山を歩こう。嵯峨野を歩こう。旅を歩こう。維新を歩こう。映画を歩こう。

月に一・二度はフェアウェイも歩こう。お気楽な日々を、お気楽に記録していこう。

お気楽さんぽ

お気楽さんぽ

2016年9月19日月曜日

嵐電に「撮影所前」駅ができた


その新駅は突然あらわれた。今年の初めに工事が始まり、4月にはもう開設されていた。嵐電・北野線の「帷子ノ辻」駅と「常盤」駅の真ん中だ。
「帷子ノ辻」駅を発車して15秒くらいで着いてしまう、ギネス級的に駅間が短い新駅。でもこれが観光客にはなかなか便利。今まで「帷子ノ辻」駅から結構歩いていた映画村まで200mほどで行ける。JR嵯峨野線の「太秦」駅も5分という近さになった。

しかし「撮影所前」とは大胆な駅名。本来なら「東映撮影所前」なのだ。「松竹」は怒らなかったのかな。このあたり昔は日本のハリウッド。「大映」「東映」「松竹」その他、小さな撮影所もいろいろあった土地。
「大映」はなくなったが、「松竹」はまだ健在。といってもテレビの時代劇は激減し、元気のいいのは「忍者」が外国人に受けている東映映画村だけだ。

松竹の名画「蒲田行進曲」で、銀ちゃんが階段落ちをしている時に、産気づいた小夏が駆け込んだ病院。雪の降る夜、踏切のシーンを覚えている人も多いだろう。そのシーンを撮影した病院の前にこの新駅はできた。「川端病院」も今は、JR「太秦」駅前に移転してしまったけれど。

単線の駅というのも珍しいでしょ。上りと下り、停車した電車の反対のドアが開くだけだ。最近の嵐電は観光客が増えて財政的に余裕ができたのか実行力がスゴイ。「やってダメなら元に戻そう」的な発想で大胆な改革をどんどん進めている。



秋しぐれ 銀幕の中 恋人たち 



2 件のコメント:

  1. 嵐電は何度も乗ってるし、行ったらオモロいことが一杯あるけど、そこまで(西院)行くのが大変。
    この路線に出会ったのは20年ほど前。当時付き合っていたお得意の仕事で、請け負っている印刷会社が西院にありました。
    その印刷会社で担当者といつも待ち合わせる、というのが習慣でしたが、いつも、いつも待たされる。毎回。
    遅れるんやったら、前もって言ってくれればいいのに。

    10分20分ではない、着くまで2〜3時間はかかる場所から、「今から出ます」と。
    だからアチコチ見て時間を潰すしかない。

    帷子の辻駅はどこかあった気がします。
    でも、すごいね。
    「撮影書前」って?
    こういう発想が面白いね。
    あかんかったら、元に戻せばいい。
    だから京都は元気なんやね。

    返信削除
  2. 返事遅くなったけど、それは美術印刷で有名な会社やろか?
    人によって対応は違うとは思うけど。
    時間つぶしの交通費は請求せんとあかんね。
    「撮影所前」はすぐ出来たけど、すぐ潰せそうな駅です。
    でも映画村に行く人は利用しているみたいです。

    返信削除