街を歩こう。山を歩こう。嵯峨野を歩こう。旅を歩こう。維新を歩こう。映画を歩こう。

月に一・二度はフェアウェイも歩こう。お気楽な日々を、お気楽に記録していこう。

お気楽さんぽ

お気楽さんぽ

2016年12月31日土曜日

見つかったSPレコード


まだ幼稚園の頃、家に蓄音機があった。モノラルの大きなスピーカーと一体化した蓄音機で、木綿針よりも太い針で鳴らす。レコードは、LPの大きさなのに、1面1曲。回転数も書かれてない。多分SPと呼ばれる78回転のレコードなのだろう。真っ黒でカーボナイトのような感触。厚さも4mmはありそうで、ずっしり重い。

映画のカメラマンだった父はレコードを、映画フィルムの缶に入れていた。フィルム一巻の直径と、レコードはほぼ同じ。10枚ほどのレコードがひと缶のなかにすっぽりと収まるのだ。35年ほど前、家を建て替えた時にそのレコードは紛失したと父もボクも思い込んでいた。ところがこの前、押し入れの奥深くまで整理していると分厚い袋の中からそのレコードがふた缶見つかった。

いちばん古いのは1947年にヒットしたというアル・ジョルソンの「Anniversary Song」だろうか。「お楽しみはこれからだ!」のセリフで有名な、世界初の長編トーキー映画「ジャズ・シンガー」の主演俳優だ。その伝記映画「ジョルスン物語」の挿入歌がこの「Anniversary Song」らしい。プレーヤーのあった時にはレコードが見つからず、レコードが見つかった今はプレーヤーがない。でもなんと、アル・ジョンソンの「Anniversary Song」はYou Tubeで聞くことができた。

父のレコードは映画にまつわるレコードが多い。なかでもビング・クロスビーものが多く、クリスマスの楽曲が多いようだ。小さかったボクは映画を見に行った「黄色いリボン」のレコードが好きで、何回も聞いていたような記憶がある。

ということで2016年も大晦日。今年もおつきあいありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。



ジングルベル 音凍らせて 四十余年


黴の匂い 錆の匂い 冬の音  (鯛風)



0 件のコメント:

コメントを投稿